公益社団法人 神戸新聞厚生事業団

− KOBE SHIMBUN WELFARE FOUNDATION OFFICIAL WEBSITE −

神戸新聞厚生事業団とは

About

GREETING

ご挨拶

 神戸新聞厚生事業団は1946(昭和21)年に設立され、2016年12月9日に創立70年を迎えました。2013年4月1日には公益財団法人となり、積み重ねた時間とさまざまな取り組みを糧として、地域福祉の向上を目指して活動をしています。
 第一次世界大戦時、あす食べることも困難な厳しい生活にあえいでいた大正7年(米騒動の起きた年)に、ある篤志家から神戸新聞社への寄付があったのを機に、積み立てられた寄付金に神戸新聞社からの出資金を加え、具体的な慈善活動が始まりました。先人たちの志が起点となり、戦後の荒んだ社会に善意の光を灯す活動が神戸新聞厚生事業団設立の原動力となりました。「神戸新聞」という新聞メディアを支えに、社会福祉と地域社会の発展を目指し、築き上げられた「信頼」という財産を未来に継続、幅広く事業支援を展開しています。
 事業としては、1)社会的弱者らの福祉向上や文化・芸術活動、スポーツ活性化への支援と助成。2)高校生及び大学生に対する奨学金給付及びこれに付随する事業。
 3)寄附金受付事業として、近年、環境破壊による影響なのか世界中に自然災害が続発し大きな被害が出ていますが、多くの財産を失った被災者(施設・団体)に向けた支援が必要となります。被災地域復興へ向けて当団に寄せられた寄付金を、明日への糧として被災地域、被災者にお届けする事業を展開しています。

公益財団法人 神戸新聞厚生事業団 理事長 江本 幸仁

PROFILE

事業団の概要

名 称 公益財団法人 神戸新聞厚生事業団
設 立 1946年(昭和21年)12月9日
資本金 300,000,000円
所在地 〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5-7(神戸情報文化ビル9階)
連絡先 TEL.078-362-7150 / FAX. 078-360-6658
代表者 江本 幸仁
事業内容

地域社会の健全な発展に寄与することを目的とし、以下の事業に取り組みます。

  1. 高校生及び大学生に対する奨学金の給付
  2. 障害者福祉団体等に対する助成事業
  3. 事故・災害救護に関する事業
  4. スポーツ、文化・芸術活動の振興事業
  5. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

HISTORY

沿 革

1946年 11月30日 財団法人神戸新聞厚生事業団が認可
  12月9日 同事業団発足
  12月 歳末たすけあい運動、始まる。義援金を募る
1949年 5月 診療車「ピジョン号」 県から出張診療所と認可
県下の児童福祉施設などで無料診療
1950年 9月 ジェーン台風災害救援金を配布
1952年 8月 夏期林間図書館開き青少年養護
1955年 12月22日 第1回「なべの会」開催
1958年 9月

レントゲン車を購入、県下40カ所で集団検診

1959年 9月

伊勢湾台風の被災地を救援

1963年 4月 高校生奨学制度発足(石戸奨学金制度)
  11月 九州・三池炭鉱爆発事故、国鉄鶴見事故で義援金
1965年 5月 児童福祉月間に多彩な行事
1970年 8月 万国博に施設児童ら招待
1973年 8月 母子寮児童ら合同キャンプ支援
1978年~1983年 ホームヘルパーに巡回乗用車50台贈る
1986年 1月 母と子の初笑い大会(神戸市母子寮が親睦)
1988年 4月

視力障害者のための「愛の光運動」展開

1989年 5月 県障害者スポーツ大会に後援
1991年 6月 雲仙・普賢岳噴火で救援義援金
1993年 7月

北海道南西沖地震で奥尻島被害者に義援金

1995年 1月17日 阪神・淡路大震災 事務所が崩壊
被災者救済へ義援金活動展開
  6月

「くすのき基金」創設、被災生徒に奨学金

  12月 「著名芸術家と名士作品展」を開催
2000年 8月

障害者のための海釣り体験講座

2002年 4月

「ひまわり奨学金」配布始める

2004年 10月

新潟県中越地震 義援金活動展開

2009年 8月 兵庫県西・北部豪雨災害 義援金活動展開
2010年   ハイチ地震(1月)、チリ地震(2月)、中国青海省地震(4月)、
奄美大雨災害(10月)
上記の震災に義援金活動展開
2011年 2月 ニュージーランド地震 義援金活動展開
  3月11日 東日本大震災 被災地へ多額の義援金
2013年 4月 公益財団法人に移行 監督官庁は、内閣府 事業は、近畿2府4県が対象
  11月 フィリピン台風 甚大な被害発生、義援金活動展開
2014年 8月 丹波豪雨、福知山豪雨、広島豪雨で河川の氾濫や山崩れによる大きな被害。
各地への義援金活動を展開
2015年 4月

ネパール地震で被災者救援募金展開

  9月

関東・東北水害 堤防決壊や家屋浸水で大被害。義援金活動展開

2016年 4月 熊本地震 二度目に震度7の本震が発生。ビルディング、家屋はもとより、熊本城にも大きな被害
  7月 熊本県に義援金を寄付

ORGANAZATION

組 織

平成28年6月1日現在

評議員 大国 正美 神戸新聞社 取締役
評議員 西山 茂夫 兵庫県共同募金会 常務理事
評議員 河田 昭弘 元神戸地下街株式会社 理事
評議員 濱田 明 元神戸市民生活協同組合 監事
評議員 寺本 迪彦 神戸親和女子大学 講師
評議員 中山 昌治 特定非営利活動法人アダプテッドスポーツ・サポートセンター理事
評議員 久利 計一 三宮センター街2丁目商店街振興組合 理事長
評議員 大澤 裕信 神戸ポートアイランドゴルフ倶楽部 社長
理事長 江本 幸仁 公益財団法人 神戸新聞厚生事業団
常務理事 井上 龍二 公益財団法人 神戸新聞厚生事業団
理 事 満保 善夫 神戸市須磨区 民生委員
理 事 宮崎 稔 元神戸市安全協会 事務局長
理 事 中西 光政 神戸市垂水区社会福祉協議会 理事
理 事 服部 孝司 神戸市民文化振興財団 理事長
理 事 石井 幸矢 元神戸市立博物館 副館長
理 事 藤井 良一 兵庫県立美術館 アートコーディネーター
理 事 面出 輝幸 神戸新聞社 取締役
監 事 北岡 慎吾 公認会計士 / 税理士
監 事 山本 泰弘 神戸新聞社 財務局連結会計部長

ACCESS MAP

アクセスマップ

〒 650-0044 神戸市中央区東川崎町1-5-7(神戸情報文化ビル9階) Mail:K-kouseijigyou@kobe-np.co.jp
TEL:078-362-7150 / FAX:078-360-6658