公益社団法人 神戸新聞厚生事業団

− KOBE SHIMBUN WELFARE FOUNDATION OFFICIAL WEBSITE −

最新のお知らせ

News & Topics

2024.02.13

令和6年能登半島地震義援金(主な寄託関係分)


ヘアーポケット(兵庫県明石市)は1月10日、神戸新聞明石総局を通じて、100万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。

 

 

ソネック株式会社(兵庫県高砂市)をはじめ、ケミカル運輸㈱、ソネックグループ社員、ソネックSTC会、ソネック名古屋支店STC会、富士京不動産㈱は1月16日、3183,000円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。ソネック株式会社代表取締役社長の山本貴弘氏(写真中央)、ソネックSTC会会長の福永元輔氏(写真右)が来訪し、同事業団は感謝状を贈った。

日本安全警備株式会社(神戸市中央区)は1月19日、100万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同社代表取締役社長の柏原容三氏、取締役管理部長の野田英司氏が来訪し、同事業団は感謝状を贈った。

 

ネクスト・ワン株式会社(兵庫県加古川市)は1月22日、100万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同事業団は30日に同社を訪れ、感謝状を贈った。

 

和田興産株式会社(神戸市中央区)は1月23日、1,000万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同社代表取締役会長の和田剛直氏(写真中央)、代表取締役社長の溝本俊哉氏(写真右)らが2月5日に来訪し、同事業団は感謝状を贈った。

 

 

株式会社ケミカル工事(神戸市東灘区)は1月24日、100万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同社代表取締役社長の國川正勝氏(写真右)、取締役総務部長の三浦隆一氏が来訪し、同事業団は感謝状を贈った。

 

 

 

神姫バス株式会社(姫路市)をはじめとする神姫バスグループ16社【神姫産業㈱、神姫商工㈱、神姫トラストホープ㈱、神姫観光㈱、神姫バス不動産㈱、神姫フードサービス㈱、㈱ウイング神姫、神姫ゾーンバス㈱、神姫逓送㈱、神姫タクシー㈱、立花神姫タクシー㈱、㈱神姫トラベル、神姫Bizプロデュース㈱、㈱ケアサービス神姫、しんきエンジェルハート㈱は1月25日、300万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。神戸新聞姫路本社代表の鑛隆志氏と同事業団は2月9日、神姫バス株式会社を訪れ、代表取締役社長の長尾真氏に感謝状を贈った(写真左)。

 

 

一般財団法人神戸新聞文化財団は1月29日、236,526円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。神戸新聞松方ホールで開催された1月13日の柳家三三(さんざ)独演会、1月20日の「松方ホール音楽賞授賞式・記念コンサート」、1月27日のアンサンブル神戸特別演奏会で、来場者に募金を呼びかけた。同文化財団が所属する関西クラシック音楽ネットワークも1月16日、同趣旨の義援金13万円を同事業団に寄託した。

 

有馬温泉 銀水荘 兆楽(神戸市北区)を経営する有限会社銀水荘は2月2日、50万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同社代表取締役会長の當谷正幸氏(写真右)、同社代表取締役社長の當谷有平氏(写真中央)が来訪し、個人でもそれぞれ10万円ずつ20万円を寄託した。

 

兵庫県立伊川谷高等学校(神戸市西区)は同校の軽音楽部、生徒会、ボランティア部、演劇部、吹奏楽部の生徒たちが近隣商業施設などで呼びかけた募金13163円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。2月2日、生徒の代表ら(写真中央と右)が持参した。

 

 

一般社団法人神戸福建同郷会(神戸市中央区)は2月5日、1002,250円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同会副理事長の王永發氏(写真中央)と同会理事の林同福氏(写真右)が来訪し「29年前の阪神・淡路大震災では助けてもらった。今度は私たちが助ける番。同郷会や理事だけでなく、2月4日の新年会で子どもから90歳代まで4世代みんなが募金に参加した」と話していた。

 

苅藻通2丁目自治会(神戸市長田区)は2月5日、会長の中岡俊博氏(写真右)が来訪し、65千円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。

 

 

 

尼崎市立中学校3校(小田北、小田、大成)の吹奏楽部および関西国際大学児童文化サークルは2月5日、172,266円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。前日に尼崎市内で能登半島地震復興支援コンサートを開催した際に募った義援金が届けられた。

 

旭陽化学工業株式会社・同従業員一同(兵庫県姫路市)は2月6日、125万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同事業団は14日に同社を訪れ、同社代表取締役社長 田寺宣文氏(写真)に感謝状を贈った。

 

 

 


兵庫県いなみの学園の大学自治会、大学院自治会
(兵庫県加古川市)は2月14日、453,919円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。大学自治会長の福岡敏文氏(写真右から2人目)大学院自治会副会長の牛場信夫氏(同3人目)同学園長で公益財団法人兵庫県生きがい創造協会理事長の林省吾氏(同右)が来訪し、学園内で募った義援金を届けた。

 

ミサワホーム近畿建友会(大阪市北区)は2月16日、50万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。

 


神戸中華同文学校
(神戸市中央区)は2月16日、9919円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。中学校生徒会の李少華会長(写真中央)、何奕暁副会長(同右)、洪由季教諭が来訪。1月上旬から小学校と中学校の生徒会が連携して企画し、児童、生徒、教職員、保護者ら学校を挙げて募った義援金を届けた。

 

 

加藤産業株式会社(兵庫県西宮市)と同社関連企業は2月16日、6092,500円(加藤産業500万円、関連企業1092500円)を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同社総務部ユニットマネージャーの鈴木俊一氏(写真右)と同社総務部主任の真鍋きらら氏が来訪し、同事業団は感謝状を贈った。

 

 


株式会社横山基礎工事
(兵庫県佐用郡佐用町)、株式会社横山自動車整備工場(同)および代表取締役社長の横山弘介氏と社員一同は2月20日、603,692円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。

 

多木化学株式会社(兵庫県加古川市)は2月1日、500万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同事業団は2月22日、完成間近の同社新社屋を訪れ、同社代表取締役上席専務執行役員で次期社長(3月27日付)の多木勝彦氏(写真右)に感謝状を贈った。

 

 

一般社団法人神戸市機械金属工業会に加盟する有志一同(88社)は2月26日、1935,000円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同事業団は2月28日、同会(和田貴志会長、会員255社、事務局・神戸市中央区)に感謝状を贈った。

有志一同(88社)は次の通り。

藤製作所日本ライニング工業㈱▽神戸ステンレス㈱▽まや鋼業㈱▽高千穂工業㈱▽㈱シミズテック▽㈱四ツ井工作所▽㈱イノテック▽㈱ヘンミ淡路鉄工㈱▽関西重工㈱▽㈱富士工作所高橋溶接㈱▽㈱山崎工作所▽㈱前田精密製作所▽㈱ジェイテック神和金属㈱▽㈱新川鉄工所▽㈱東光バネ工業社▽㈱中谷鉄工所▽㈱澤村溶射センター▽㈱楯菱電産▽㈱西出鍍金所▽㈱ニッセイ機工▽㈱ミツワエンジニアリング日清鋼業㈱▽㈱千代田精機▽㈱オオナガ▽㈱みのる製作所岡本鉄工㈱▽木下製罐㈱▽大日精機工業㈱▽㈱平本商店奥井電機㈱▽㈱大野社戎工業㈱▽東亜機械工業㈱▽大島金属工業㈱▽兵庫ボルト㈱神戸工場▽高千代産業㈱▽㈱赤松鉄工所三栄産商㈱▽三協精工㈱▽神戸造機㈱▽旭光電機㈱▽尾道工業㈱▽和田金型工業㈱▽㈱坪田測器▽㈱奥谷金網製作所カルモ鋳工㈱▽神港化学工業㈱▽伸天工業㈱▽マロール㈱▽㈱柳瀬製作所新成工業㈱▽大内工業㈱▽日本ノズル㈱▽㈱テクノエース▽㈱ベネスト▽㈱髙木商会大栄電機㈱▽向井鉄工㈱▽㈱アルファ技研中村工業㈱▽オリエンタル鍍金㈱▽(有)協栄工作所藤吉工業㈱▽㈱浜谷金属工業所佐藤精機㈱▽三鈴マシナリー㈱▽㈱マエダマーキン神戸バイオメディクス㈱▽大協磨鋼材㈱▽㈱イデア昭和精機㈱▽㈱阪神メタリックス本岡鋼材㈱▽三川産業㈱▽㈱佐野鉄工所逢坂工業㈱▽丸菱機械工業㈱▽㈱OKAMURA神戸工販㈱▽宇津原㈱▽(有)テックスマ神港精機㈱▽清水スプリング㈱▽俣野製作所

 

一般財団法人神戸新聞文化財団2月27日2万2,790円を、神戸新聞厚生事業団に寄託した。義援金は、神戸新聞松方ホールで2月18日開催した「“Fantastic 4hands!”土屋友成&山中歩夢 連弾コンサート」、2月24日開催の「ヴァイオリン・リサイタル石田泰尚の世界」の来場者から寄せられた

 

神戸新聞・デイリースポーツ労働組合は2月27日、303,000円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同労組の執行委員長の安藤文暁氏(写真左から2人目)、書記長の秋山達範氏(同3人目)、副執行委員長の松谷貞彦氏(同4人目)ら役員7名が来訪し、組合員から募った義援金を届けた。

 

兵庫県いなみの学園同窓研修会、同学園研修生一同(兵庫県加古川市)は2月28日、463,385円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。会長の光田芳弘氏(写真中央)総務部長の金山實氏(同右)が来訪し、学園内で募った義援金を届けた。

 

 

 

丸尾カルシウム株式会社(兵庫県明石市)は2月22日、100万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同事業団は3月4日、同社を訪れ、同社代表取締役社長の丸尾治男氏(写真右)に感謝状を贈った。

 

 

神戸市立神港橘高等学校同窓会(神戸市兵庫区)は3月7日、10万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。会長の杉原守氏(写真中央、神港S45卒)、副会長の中山千須子氏(写真左、神港S39卒)、副会長の西銘睦子氏(写真右から2人目、兵商S40卒)、会計の南條貴代子氏(写真右、神港S45卒)が訪れ、目録とともに寄託した。

 

神戸野田高等学校(神戸市長田区)の生徒会は、学校内の募金や同校PTA神戸野田学園の親睦会教職員組合、同校ダンス部公演時募金の合計222,702円を3月13日、神戸新聞厚生事業団に寄託した。生徒会会計の伊藤仁那さん(2年生、写真右から2人目)三宅愛菜さん(1年生、写真右)と生徒会顧問の河本典子教諭が来訪した。

 

株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター(神戸市中央区)は3月6日、300万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同事
業団は3月19日、同社を訪れ、同社取締役副社長の池智太郎氏(写真右)に感謝状を贈った。

 

 

株式会社兵食(神戸市中央区)は3月27日、500万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同社代表取締役社長の西村恒一氏(写真右)が来訪し、同事業団は感謝状を贈った。

 

 

株式会社トーホー(神戸市東灘区)は4月1日、150万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同事業団は4月10日に同社を訪れ、代表取締役社長の古賀裕之氏(写真右)に感謝状を贈った。

 

 

労働組合のトーホーユニオン(神戸市東灘区)は4月1日、150万円を神戸新聞厚生事業団に寄託した。同事業団は4月10日に同労組を訪れ、中央執行委員長の寺田史記氏(写真右)に感謝状を贈った。

 

2024年4月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
公益財団法人 神戸新聞厚生事業団

公益社団法人 神戸新聞厚生事業団

− KOBE SHIMBUN WELFARE FOUNDATION OFFICIAL WEBSITE −

未来への可能性を沢山の人たちへ

ABOUT

神戸新聞厚生事業団とは

「 私たちにしかできない仕事がここにある。」

公益財団法人 神戸新聞厚生事業団は、2016年12月に創立70周年を迎えました。
兵庫県内の地域社会における青少年育成や社会福祉の増進及び地方文化の振興に寄与するため、
奨学助成、顕彰、障害者芸術祭などの活動を行っています。
私たち神戸新聞厚生事業団は、養護児童、介護老人、母子、身体障害者、交通遺児などへの援助活動とともに
みなさまの力強いご支援のある限り走り続けたいと思います。

神戸新聞厚生事業団の詳細はこちら

BUSINESS OUTLINE

事業案内

私たちの仕事が地域社会の発展に貢献し、
よりより未来へ繋がると信じて。

神戸新聞厚生事業団は青少年に対する奨学金の給付、障害者、高齢者、児童・母子福祉団体及び難病患者団体、
並びに事故・災害被害者に対する支援を行うとともに、
スポーツ・野外活動、文化・芸術の振興を図ることにより、地域社会の健全な発展に寄与いたします。

天文台北館
奨学金支給
青少年に対する奨学金の給付として、自然災害などで就学困難になった高校生を対象とする「くすのき奨学金」と神戸市内の私立高校に在学する生徒に支給する「ひまわり奨学金」を扱っています。
天文台南館
障害者福祉団体等に対する
助成事業
障害者福祉団体、児童・母子福祉団体及び難病患者団体などを支援し、潤があり健全生活を営むことを目的に支援活動を行っています。
貸出望遠鏡
事故・災害救援事業
交通事故や近年多発する大地震、豪雨災害などの自然災害による被災者に対して、復興・復旧に向けての救済支援をします。
宿泊施設
スポーツ・文化・芸術振興事業
スポーツ・野外活動、文化・芸術などの振興事業に対して、各種スポーツ開催時の備品や賞状、文化・芸術に関する発表会などの会場費や事業促進の費用の支援を行っています。
レストラン
その他事業
美術、絵画、陶磁器など著名作家・名士からの作品提供を受け、入札によって義援資金を捻出し、収益金を全額寄付するチャリティー美術展の開催を行っています。

ACCESS MAP

アクセスマップ

〒 650-0044 神戸市中央区東川崎町1-5-7(神戸情報文化ビル9階) Mail:K-kouseijigyou@kobe-np.co.jp
TEL:078-362-7150 / FAX:078-360-6658