公益社団法人 神戸新聞厚生事業団

− KOBE SHIMBUN WELFARE FOUNDATION OFFICIAL WEBSITE −

最新のお知らせ

News & Topics

2020.10.27

「第1回 ひょうご 福祉の現場 若手リーダー賞」受賞者決定

兵庫県内の福祉施設などで働く若手職員を励まそうと、当事業団が創設した「第1回ひょうご 福祉の現場 若手リーダー賞」の受賞者2人が、26日決まった。いずれも施設利用者と地域に愛情を持って仕事に励んでおり、福祉現場の模範として、さらなる活躍が期待される。
 2人は、特別養護老人ホームいくの喜楽苑(朝来市)の西垣真太郎さん(39)、特別養護老人ホーム大慈弥勒園(神戸市西区)の湯本亘さん(35)。
 賞は、福祉現場で働く人たちの頑張りや成果が正当に評価され、福祉の仕事が若者の「あこがれ」になる社会を願い、当事業団が今年創設した。趣旨に賛同した神戸新聞社、兵庫県、神戸市、兵庫県社会福祉協議会、神戸市社会福祉協議会が後援、県内の福祉・障害者など12団体から協力を得た。
 賞の応募資格は、福祉の仕事に10年以上携わった人。選考指針は「現場のリーダーとして利用者らに愛情ある態度で接し、組織の改善に取り組み、生きる喜びを身をもって伝えているか」と定めた。
 大学教授ら8人の選考委員が、書類選考を通過した候補者7人について、自己PRや候補者同士のディスカッションを通じて審査した。入所者とその地域への並々ならぬ愛情にあふれた2人を選んだ。
 表彰式は新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、各人が所属する施設の上部団体の役員会などを予定。当事業団役員が賞金20万円、表彰状と盾を贈る。
  詳細は10月27日付神戸新聞朝刊9面、同新聞電子版NEXTでも紹介。

神戸新聞特集紙面

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930